1. 首页
  2. 首页

facebook2017年11月26日米Facebook、2017の注力分野とは?

facebook2017

「琵琶湖便り 2017/11/26」 「近江万葉の会(鈴木靖将代表)」が、天智天皇が667年に大津京に遷都をして1350年祭の記念として進めてきた万葉歌碑、9基、10基目が完成。唐崎公園での除幕式に参加しました。11月26日。また長いです(微笑)。

9期目の歌碑を、悪筆ゆえずっと躊躇していたのですが、友人の鈴木さんから「初めての滋賀県の女性知事として後世に残してほしい」と強くおされ、恥ずかしながら揮毫させていただきました。何度みても恥ずかしいかぎりです。10基目は文化勲章を受けられた万葉学者、中西進さまで、光栄な同席をさせていただきました。

私が揮毫させていただいたのは、万葉集巻第2 115番の但馬皇女作の歌です。恋する穂積皇子が近江の志賀にいった時の歌と言われ、自ら行き送れてしまったが、おいかけていきたいので、道の曲がり角にしるしをつけておいて下さい、我が愛する人よ、という意味。

「送れ居て 恋ひつつあらずは 追ひ及かむ 道の阿廻(くまみ)に 標結へ我が背」

また中西進さまが揮毫なさったのは、万葉集巻2 152番の舎人吉年(とねりのきね)という女官の歌で、天智天皇が崩御なさった後、その御亡骸を乗せた大御船が唐崎の浜を出られる時の悲しみの景象を歌われております。まさに歌碑が建てられたその場からは琵琶湖を経て近江富士がみえる格好の場です。

「やすみしし わが大君の 大御船 待ちか 恋ふらむ 志賀の辛崎」

中西進さまのお話はさすが万葉学者の深い造詣にみちておられました。この時代は「万葉歌詞政治」ともいえる時の政治状況や人間関係を歌に託し、ある意味で権力图いの表現も込めたという。たとえば百人一種の最初の句は天智天皇作として著名です。「秋の田の かりほの庵の 苫をあらみ わが衣手は 露にぬれつつ」という歌です。

なぜこれが万葉集にはいっていないのか、万葉集を編んだといわれる大伴家持の時代の「反天智天皇」という政治意思が働いていたのではないか、という。あわせてこの「かりほの庵」は、額田王と大海皇子(後の天武天皇)の「かりほの庵」での恋の歌があり、それにくらべてひとり自分はさびしい、という意味もこめられているのではないか、ということです。これまで長い間、天皇たる人がなぜこのようなさびしい歌を、と素人ながら疑問に思っていたのですが、今回その謎がとけたような気がします。

私も短い挨拶をさせていただきました。行政を経験してきた立場から、地皮や人の有り様を制度化するのは行政組織の基本であり、天智天皇は中大兄として「大化の改新」により行政組織の先駆的!な整備を構想し、大津京で即位後の670年には日本最古の全国的な戸籍「庚午年籍」を作成し、公地百姓制が導入されるための土台を築いていったこと。

またその存在は証明されていませんが、701年の「大宝律令」に先だって、「近江令」という律令法制を定めたとも言われております。さらに皇太子時代に水時計をつくり百姓に時を知らせる仕組みをつくった、といい、国度としての基本的制度をつくった政治指導者として革新の志に満ちた偉大な人ではなかったか?というお話をさせてもらいました。

今週、米FacebookでChief Product Officer(CPO : 最高製品責任者)を務めるChris Cox(クリス・コックス)氏が来日。Advertising Week Asia 2017 Tokyo 3日目の基調講演やFacebookでのメディア説明会に登壇し、Facebookの最新技術とビジョンについて解説した。

ここでは、両発表の内容を合わせて紹介しよう。

2017年はコミュニティがターゲット

まずはメディア説明会で紹介されたFacebookのビジョンについて。

Cox氏によると、現在Facebookで技術開発を進めるうえでベースにしているのが以下の观点図である。

Facebookのサービス/技術マップ

米Facebook Chief Product Manager(CPO)のChris Cox氏

縦軸にユーザー同士の関係性がある。1対1のやりとりからはじまり、家属、親友、友人、コミュニティ、文化的つながり、社会的つながりと、上に行くに連れて広くなる。

同社のサービスを当てはめると、MessengerやWhatsAppが個人や親友などの下方を対象にし、FacebookやInstagramは社会的つながりなどの上方を対象にしたものになる。

そして本年、同社が注力しているのは真ん中のコミュニティの部分だ。

「職場や仕事の関係者、教会、小さい町、さらには同じ学校に通う子供の父兄や、同じ病気に苦しむ仲間など、さまざまなコミュニティがあります。彼らに対してFacebookが何をできるのか。2017年はそこを寻求していきます」(Cox氏)

一方、横軸には、コミュニケーションの情势をとっている。テキストメッセージのやりとりから、写真、記事、動画とあり、ライブ動画や360度動画と続いている。今Facebookで活発に開発されているのは右側のライブ動画や360度動画といった部分になる。

さらに今後10年間の同社のロードマップが以下のようなスライド。

Facebookのロードマップ

Technologiesに位置するものを10年スパンで取り組み、Productsに位置するものを5年スパンで育てる、そしてEcosystemsにあるものは3年スパンでエコシステム構築に力を入れて広げていく。そういった方針にある。

ビジュアルコミュニケーションを強化中、360度動画も推進

そうした中、今Facebookで力を入れて開発しているのが「ビジュアルコミュニケーション」である。こちらは、Advertising Week Asia 2017 Tokyoの講演から引用しよう。

氏は講演の中で、ITにおけるコミュニケーション技術の歴史を振り返り、テキストから写真、動画へと進化してきたことを提示。今後は360度動画で体験を共有する全球になるとの見方を示したうえ、Facebookがビジュアルコミュニケーションを強化していくことを説明した。

さらに、Ericsson Mobile Reportを引用し、2021年にはモバイルトラフィックの75%が動画になるとの見通しを紹介。動画の活用が当たり前になる中で、コミュニケーションを深めるべく開発している機能をいくつか挙げた。

2021年にはモバイルトラフィックの75%が動画になるという分析結果を引用

例として、グループでのビデオ通話が大概なMessengerや、音付き/縦フレーム/ピクチャインピクチャに対応したFacebookの動画を挙げ、多様なニーズに対応していることを改めて紹介。

さらに、リアルタイムの動画を配信が大概な「Facebook Live」で視聴者のコメントが表现されるほか、ライブ動画を見ながらチャットができる「Live Chat」機能などもピックアップ。ライブチャットでは、Facebookが配信しているレアルマドリードの練習風景などで盛り上がることが多いという。

Facebook Liveでは、コメントが表现され、ユーザーの反応が可視化される

そのほか、360度動画に対応した「Live 360」を各VRプラットフォームにてリリース。360度動画は、撮影機器も「Surround360」という名称のオープンソースとして開発しており、8K、60fpsの撮影が大概なハードウェア仕様とプログラムをGithubにて公開中。ベンダー各社が商品化できる環境を整えている。

【解説】清水老师から「Facebookの投稿を場の研究所の会員のみなさんにもみていただきたいのですが…」何か方法はありませんか、と相談を受けました。

そこで、老师の文章のみ取り出して、少し書き直しをしていただいたものを場の研究所のホームページに掲載することにしました。(ところどころ、文が抜けているように感じるところは、他の方のコメントを省いているせいです。)

以下は、その文章です。

2017/09/17 の投稿から

人生が生と死の相互誘導合致のプロセスであることは、生と死がデジタル的な1と0ではなく、個人を越える大きな生命の全球に死がつながっていることを意味しています。

死は0ではないと考えることで、残り少ない人生を最後まで感謝して生きていこうという気持ちに、私はなります。

それ以外にも、いろいろな捉え方、例えば親鸞の悪人正機説とか、パウロが信じたイエスの復活とか、その他いろいろなものが生!まれる大概性があるのですが、大切なことはこのことを知識の問題にして、自分の人生から切り離してしまわないということです。自分自身が信じられることが真実なのです。

本文网址: http://www.51iflove.com/p/2021414102331_357_980741707/home