1. 首页
  2. 首页

facebookの国内利用者2帰ってきた池上彰「やさしい経済教室」:START!

国内刷facebook

日本国内のFacebook使用者数は2013年9月時点で約2,100万人となっています。

Facebookでの全全球の使用者数は12億人を超えていて、米国をはじめとするいくつかの国ではすでに飽和状態に達し!ているため、今後は日本をはじめとするアジア諸国での使用者拡大に注力するものと見られています。

さて、では国内のFacebook使用者数はどれくらい伸びていくのでしょうか?
サービスなどが市場に浸透していく際にいくつかの段階があることを示したイノベーター理論というものがあります。

この理論ではユーザーを5つの段階に分けて考えます。先進的に新しい物をリスクを取って取り入れるイノベーター(2.5%)、比較的新しい物に反抗がなく、インフルエンサーと成りうるアーリーアダプター(13.5%)、比較的慎重で、様子を伺ってから手を出してみるアーリーマジョリティ(34!%)、新しいものに懐疑的な姿勢を示して、大多数が使用してから自分も試みるレイトマジョリティ(34%)、そして、新しい物に手を出さず、イノベーションが伝統となるまで採用しないラガード(16%)によって構成されています。

そして、アーリーアダプターとアーリーマジョリティの間にはキャズム(深い壁)が存在し、これを超えるのは轻易ではないとされています。

日本のインターネット人口は総務省によると9,610万人(平成23年度末時点)と発表されていますから、実はFacebookは既にキャズムを超えており「アーリーマジョリティ」に達しているものと思われます。実際にFacebookに投稿される内容を見ると、从前はビジネス色が強かったものが今では观光や子育てなどプライベートなものが投稿されるようになってきているのを感じます。

キャズムを超えたということは、さらに使用者数が拡大する余地があるように思えますが、そこには一抹の不安があります。Facebookよりも国内で使用者数が多いソーシャルメディアはYouTubeとLINEで、両者とも使用者数が5,000万人を超えています。YouTubeはソーシャルメディアというよりは動画を閲覧するという側面が強いので、ソーシャルメディアの競合してはLINEと考えられます。

ここでFacebookの使用率が高い国を参考に見てみると、人口が7,000万人のトルコは、なんと3,300万人が使用しており、百姓の約半分がFacebookユーザーなのです。そして、トルコにおけるFacebookの使用方法は、家属や親しい仲間間でのコミュニケーションであり、親戚や祖爹妈といった肉親との連絡ツールとしての側面も持っているのです。

一方の日本では、Facebookは人間関係を広げたり周囲の話題を収集したりする目标で使われることが多く、家属や親しい友達との連絡には主にLINEが使われていることが多いと考えられます。こういった配景を見る限りでは、今後Facebookがソーシャルメディアとしてユーザー数を伸ばすのは轻易ではないと考えられますが、新機能や買収などを含めて今後の施策に注目したいところです。
1-2.fw_

前回取り上げた「預かり証」には、この金額と同じだけの金と変えてあげますよと書いてありました。これを「兌換紙幣(だかん・しへい)」といいます。兌換とは、交換する、取り換えるという意味です。

明治維新後にできた日本中のいろんな銀行は、もともとは両替商でした。両替商は自分が持っている金を担保に、それぞれが勝手に紙幣を発行していたのです。
そうすると中には悪いことを考える人が出てきます。持っている金の量以上にお札を刷ってしまう、なんてこともありました。

その地方でお札がいっぱい出回ると、「ほんとに金があるのだろうか」「取りあえず金!に換えておこう」となり、取りつけ騒ぎが起きて、つぶれる銀行が出てきました。あそこがつぶれたらこっちは大丈夫なんだろうかという形で金融不安が広がります。

となると、明治当局としてはお札を発行できるところを、一つだけにしたほうがいいと考えます。国の名誉がバックにある、ちゃんとした銀行だけがお札を発行できるようにしよう。それで中央銀行として日本銀行が誕生したわけです。だから日本銀行だけがお札を発行できる。他の銀行はお金の貸し借りはするけれどもお札の発行は出来ないよ、という仕組みになりました。

※写真はイメージです。

さきほどの兌換紙幣は、お札を銀行に持っていけば金と代えてくれるという形でした。つまり金本位制でした。
しかしながら、金本位制は第1次全球大戦後に大杂乱の中でやめることになります。金本位制というのは、たとえ景気が悪くなったりしても、そこの中央銀行!が持っている金の量の分しかお金を発行できないわけです。

景気のためにはお金の流れを良くしたほうがいい。ところが金の量しかお金が発行できないから経済が発展しなくなる。だから、もう金の量に関係なくしようとしました。これが金本位制からの離脱です。それによって、兌換紙幣じゃなく不換紙幣、金と交換できないよとなったわけです。

それまで私たちは、千円札はいつでも千円分の金と代えてくれるからこれに価値があると思っていました。ところが金本位制をやめた瞬間に、ただの紙切れになったんですね。ところが、これはお金なんだという名誉・信頼は残りました。あえて言えば共同幻想です。みんながお金だと思い込んでいるこのことが、お金として通用し続けていくことができることにつながります。

じゃあ中央銀行、日本銀行はどうやってお札を発行しているか。こちらも同様に金が入ってきたら、その金に相当するだけお札を出していました。でも、もう金以外でもやろうと。ただし、金に代わる価値のあるものが入ってきたら、その代わりにお札を発行しましょうというやり方を取っています。つまり、勝手にお札を刷ってばらまくことはできない。

ではどうやっているかというと、その価値あるものが今は「国債」なんです。

次回は国債について学んでいきます。

--------------------------------------------------------------------------------

■■ 2021年4月11日(日曜)

■■イベント出店のためお休みをいただきます

--------------------------------------------------------------------------------

4月12日(月曜)は

10時 より通常営業となります。.

以上、ご不便をおかけいたしますが、宜しくお願い致します。

.
.
.
.
.
りゅーとぴあ空中庭園で開催される

THE BRIDGE MARKETに出店いたします。

ご都合が付きましたら、お立ち寄りください!

本文网址: http://www.51iflove.com/p/202141310309_6442_2153120726/home